倉敷市議会議員・若林あきおとつなごう! みらいへの架け橋

被害認定調査の効率化・迅速化

平成30年7月豪雨における「全壊」「半壊」などの基準について、新たなものが設けられています。 平成30年7月豪雨における住家の被害認定調査(第一次調査)の効率化・迅速化について(平成30年7月12日) 例えば、堤防決壊等により浸水したエリアについては、 「全壊」 住家流失又は床上1.8m以上の浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) 「大規模半壊」 床上1m以上1.8m未満の浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) 「半壊」 床上1m未満の浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) 「半壊に至らない」 床下浸水(浸水深の最も浅い部分で測定) となっています。 詳しくは、上記、内閣府の防災情報のページをごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です